ファッションとは、レストラン、居酒屋のメニューの中からハンバーグやカレー、ピザ、パスタ、お寿司、ステーキ、ケーキ、お菓子、焼き魚、ジュース、焼酎、カクテル…と注文する際にどれにしようか悩むのと同じで、今日はどんなお洒落をして自分なりのアレンジを加えようかと悩みます。ファッションも一言でいうとどこまでというラインがない抽象的なカテゴリでしかありません。ケータイやアイフォンカバーなどを選ぶこともファッションの一つになるのです。世代や性別のボーダーを越えるジャンルです。私達の日常に深く根付いているファッションは楽しく生きるための一つの道具です。人が自分の服装を批判し、馬鹿にすることがあっても挫けずにポリシーを貫き通せば良い。自分が思うお洒落をするのが一番のお洒落なのです。自分のファッションセンスが時にビッグウェーブを起こし流行の最先端を走るかもしれません。

私達はファッション雑誌や芸能人の衣装を教科書にして興味ある部分を取り込もうとする。ルーズソックス、ミニスカート、バーキン、ポーター、ブーツが流行ったみたいにこれからの時代どんどん芸能人などによって最新のトレンドが発信し続けられるでしょう。たまにはこんなものまでブームにしてしまうのかと思うアイテムも出てくるでしょう。若者の考えや発想力は柔らかく奇抜でアイディアに富んでいます。若者にとってファッションはバイブルです。ノーファッションノーライフがキーワードです。デートの時やコンパ・飲み会の時やコンサート・クラブの時や修学旅行の時やドライブの時やサッカー・野球・バスケットの習い事の時や学校の時など着こなしを変化させます。お洒落な人が好き!さりげないファッションアイテムを身に付けていると目立たないけどカッコいい!お洒落だとオーラがある!などファッションでポイントを稼げ、自分の評価が2割り増しになる時もあります。ファッションで第一印象が決まります。例えば就職面接でも、アルバイトの面接でも、先輩や親戚に挨拶に行く時もファッションで人柄や性格まで判断されます。時と場合に適したファッション選びで、誠実・清潔感漂う服装や髪型は就職などの際に有利に働かせましょう。万人受けする服装も武器として覚えておいて後悔することはないでしょう。

色の種類だけで「黒、白、灰色、黄色、緑、青、赤、ピンク、オレンジ、茶色、紫、金、銀、紺」これ以上あります。模様や柄だけでも「花柄、ボーダー、チェック、無地」これ以上あります。服の種類でも「背広、着物、民族衣装、ブーツカット、革ジャン、須加ジャン、割烹着、ニット、ストール、ローライズ、アロハシャツ、ダウン、フードパーカー、ジップアップパーカー、踝靴下」こんなにもあります。アクセサリー等で「スニーカー、指輪、ネックレス、ブレスレット、帽子」、ブランドで「リーバイス、モンクレール」ファッション用語でも「綿、シルク、ウール、麻、ボタン、ポケット、ダメージ、襟、褌」ファッションに関する用語やアイテムは数え切れません。シックで綺麗目スタイルとスタイルも様々です。ファッションはフリースタイルです。芸術家やアートの世界と共通部分が少なからずあり、みんなと同じでは面白みや醍醐味がない。己の観点や感受性、色彩感覚などを信じ総合的にトータルして新しいもの生み出す。ゴッホやピカソが絵画を描いたのと同じで、ファッションは服装と言う名の芸術作品を毎日生み出す。幾通りもの組み合わせがある商品の中で、良い物を融合、合体させて新しいスタイルを作る。みんな一人一人がデザイナーでありモデルなのだ。認知されたり、真似されたり、有名になったりしなくてもいい。自分らしさ、自分自身が輝け、活き活きと薔薇色の時間を過ごせるファッションが出来れば一番である。ナンバーワンを目指すのでなくオンリーワンを掴もう。スポーツのように競争ではないので順位やランキングではなく自分だけのメダル、トロフィーを目指して歩んでいって欲しい。

問い合わせフォーム

Copyright (C) 2014 Fashion Brand Selection All Rights Reserved.