靴は洋服と並んでファッションにおいて重要なアイテムの一つである。一言で靴と表現してもその種類は膨大で、靴一つセンスが決まる必須アイテムです。靴が汚く手入れが行き届いていないとだらしなくお洒落も台無しになってしまいます。靴が与えるファッションの印象派は本人が思っている以上に大きく影響力があるのです。以下ではいくつかの靴の種類、モデル、ブランドを紹介します。

まずスニーカーシューズです。スニーカーの特徴は男女性別、年齢を問わず使用出来ることです。誰もが一度は履いたことのある靴の種類です。スニーカーは日本語で言う所の運動靴である。日本で90年代にはスニーカーブームが起こり、スポーツメーカー大手ナイキ社のエアーマックス人気が異常なほどでコレクターやマニアが登場する社会現象を巻き起こしたのも記憶に新しいのではないでしょうか。ナイキの社の代表的モデルは他にエアーフォース1、エアージョーダンなど若者の間で絶大な人気を誇る商品を次々に開発しました。ナイキ以外のメーカーでもアディダス社がスタン・スミス、スーパースターなどを販売しているし、リーボックはアメリカのNBAプレヤーが愛用しているシューズメーカーでもあり、スニーカーブーム時にナイキとライバル関係にあったほど人気があった。プーマやコンバース、ルコック、ヴァンズ、ニューバランス様々なブランドが色鮮やかで想像性に富んだスニーカーを発売しています。

革靴。革靴は正装の時、冠婚葬祭、スーツを着用する時など特別なイベント時に履く事が多い。革靴はスニーカーに比べて高級品である。スニーカーと比べると履き心地は良くないが見た目はスニーカーを遥かに凌ぐ。革靴の起源を辿ると、定かではないがブーツが基礎になって出来たと言われています。革靴のデザインも多様で、セミブローグ、モンクストラップ、モカシン、ホワイトバックス、デッキ・シューズ、レザー・スニーカーと多くの種類が分類されています。革靴の有名ブランドにクラークスと呼ばれるブランドがあります。イギリスで誕生したこのブランドは今日日本の若者に大人気の靴ブランドに成長しました。斬新なデザインなのに何故か懐かしさを感じる温もりや優しさが詰まって織り交ぜられている商品が印象的です。値段も3万円前後の商品が多く手が届かないレベルの金額でないのも特徴です。クラークスでは革靴以外にもデザートブーツやサンダル、スニーカーなども取り扱っていて男用女用と幅広いラインナップを展開しています。

季節によって選ぶ靴も異なってきます。冬はブーツ姿の人々が増える。ブーツにもムートンブーツやロングブーツ、ウェスタンブーツなどとあります。ブーツで有名なブランドは沢山あり、その中でも若者に人気なのがティンバーランドです。ティンバーランドはアウトドアブランドでもあり山登り用のブーツが若者で人気を出ました。他にも、国民的アイドルの木村拓哉さんがドラマで使用していたことから人気が出たレッドウィングのブーツ。ここ何年間で急激な人気を得たUGGのムートンブーツ。毎年多くのブーツが販売されブームを呼んでいます。ブーツ専用の消臭剤やブーツの形を崩さないシューズキーパーも発売されていてアフターケアも重要です。節約グッズやアイディア商品みたいなものが役立ちます。

夏はサンダルです。裸足で履くのが特徴で気持ちよく、暑い日やちょっと買い物に出かけるときなどのお出かけの際に気軽に履けるのが便利です。サンダルのデザインもたくさんあり老若男女が使えて楽しめる商品も多くなっています。靴が特別な場所へと私達僕達を運んでくれる。極論を言えば靴を磨けば必然的に星やハート型が拡がる世界へ、疎かにすればゴミや汚染が進んだ場所へ誘ってくれるかもしれません。

問い合わせフォーム

Copyright (C) 2014 Fashion Brand Selection All Rights Reserved.