ユニクロ

海外から有名ブランド店や高級ブランド店が百貨店や銀座などに直営店を出して日本のマーケットに参入してくるブランドが近年増加しています。そんな海外志向が強いアパレル業界で一際目立つ存在で旋風を巻き起こしているのがユニクロです。不況のアパレル業界でユニクロは売上をどんどんと伸ばしています。今や日本だけでなくロンドン、上海など海外に販売網を拡大しています。今や日本国民でユニクロ知らない人はいないと言っても過言ではなく、日本から世界のユニクロへと進化を遂げようとしています。

なぜユニクロに人気が出たのでしょう?独自の目線で分析してみました。
先ずユニクロとは、ファーストリテイリングの子会社であり、衣料品の生産から販売までを行なっている会社です。日本国内で約750店舗、海外では約40店舗をオープンさせています。

ユニクロ最大の武器は低価格高品質である。安いから何枚も買ってしまう。普段から安いのに毎週末になると必ず新聞に折込みチラシが封入されていて、インナー3枚で○○○円、週末価格が設定されさらに安くなる。この不景気の中、財布に有難い店である。しかも、値段が安い上に生地や品質が良い。肌触りも抜群に良く気軽に着ることの出来る服がばかりです。ユニクロはT-シャツ、ポロシャツ、トレーナー、パーカーなどのカジュアルな服装以外にもスーツやシャツ、ジャケットなど会社やパーティーで着て行ける商品まで揃っている。ユニクロはカラーバリエーションが豊富で、ポロシャツやT-シャツにはたくさんの色が用いられている。店内には遊園地や百貨店や商店街のような活気があります。

ユニクロが発売した商品で爆発的な人気を得たのがヒートテックです。ユニクロへ行ってもヒートテックが手に入らないという事態まで引き起こしました。ヒートテックとは、ユニクロと東レが共同開発を行なったインナーウェアです。従来のインナーとどこが違うのか?ヒートテックの特徴は体から出る水蒸気を吸収しヒートテック自らが熱を出して保温を行なってくれる優れ物なのである。冬場の寒い時期の防寒対策である。しかも、ヒートテックの凄さはこれだけでは終わらない。今までのインナーウェアであると白一色で爺シャツや婆シャツなどダサいイメージでした。しかしユニクロはインナーウェアをお洒落に変身させました。タートルネックやVネックを発売してカラフルなバリエーションを用意して多くの人に愛されるよう改良を加えました。こうした努力が実を結びヒートテックは絶対的な人気となり、ヒートテックを手に入れようと黒山の人だかりが出来る社会現象が起こりました。凍て付く夜に雪が降る日はヒートテックが熱を逃がさずにいてくれます。

広告やCMもユニークです。一度目や耳にすると頭の中に残ってしまいます。芸能人や著名人のCM起用などで注目を浴びたりもしましたが、一番の特徴はシンプルで斬新な広告やCMです。このことからもユニクロが躍進を遂げた秘密が隠されている気がします。ユニクロの着眼点や発想力には度肝を抜かれます。

今では日本人のほとんどがユニクロの商品を持っているのでしょう。家の中で気軽に着れる、彼女・彼氏とのデートに着て行ける、仕事に着て行けるからユニクロを愛用してしまう。必ず毎日のファッションの中のどこかにユニクロの商品があります。ユニクロはいつも強い見方です。ネットショッピングにも力を注いでいて収益も大きいです。老若男女が共通して通えるアパレルショップは珍しく、貴重です。日本を代表するアパレルショップに成長したユニクロがこれからも勢いを落とさず突き進んで行くであろう。ユニクロの未来に期待したい。

メンズファッション通販情報

国内外からセレクトしたメンズ、ウィメンズのファッションブランドの正規取扱店

http://www.deepinsideinc.com/

問い合わせフォーム

Copyright (C) 2014 Fashion Brand Selection All Rights Reserved.